読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歯科治療メタルボンドと金属アレルギー

歯科治療メタルボンドと金属アレルギーの関係について調べたことを語っています。

歯科金属によるアレルギー反応について

歯科治療で使われる金属によって引き起こされる金属アレルギーがあることをご存知ですか?

hokengainosashiba.seesaa.net

 

これまで、保険適用で使われる歯科金属は安全だと言われてきました。日本では、金合金はちょっと手が出ないと言う方のために安価な合金が使われています。

しかしながら、口の中に装着している義歯や詰め物に使われる金属が原因で、顔や体にアレルギー症状があらわれたと訴える人が増えています。口の中にあらわれるアレルギー反応は、口内炎・ただれ・しゃく熱感・しびれ・痛み・味覚異常などがあります。

 

これらの症状はある日突然発症する可能性もあるため注意が必要です。

これらの症状の原因と考えられる歯科金属は、ニッケル・コバルト・パラジウム・水銀だと言われています。この中でもパラジウムは治療に使われる代表的な金属です。金パラと呼ばれる金銀パラジウム合金は硬さに優れ、保険適用にもなっています。

 

しかしながら、この合金は科学的には金ではなく銀合金であるため、口の中で成分が溶け出す危険性があります。金パラの成分の割合は、銀50%、パラジウム20%、金12%、銅10%です。

金・白金・パラジウムの貴金属が75%以下のものは科学的に安定しないと言われます。つまり、金・パラジウムが32%の金パラは健康への害が懸念されるのです。ヨーロッパではすでに被害が多く報告されており、金パラをはじめとする歯科金属を規制する動きが強まっています。中には、パラジウムフリーをセールスポイントにする広告も多く見られるようになっているとか。

 

金属アレルギーの原因として歯科金属が疑われる場合は、すみやかにその金属を取り除くことです。セラミックスやハイブリッドセラミックスなどのアレルギーを起こさない材質のものと取り換えることで、アレルギー症状は徐々に治まっていきます。

口内や皮膚の炎症があらわれた方、金属を使っているために不安を感じる方は一度、歯科クリニックで相談されることをおすすめします。これらの症状を扱うクリニックではホームページで詳しい説明をしているところもありますので、参考になさってください。

 

メタルボンドの相場は?金属アレルギーでも大丈夫?

歯医者で歯科治療をする際に治療箇所をかぶせたり差し歯などをする際に使うセラミックですが、実際にはセラミックが使われているのは歯の表見部分のみで土台部分は金属で出来ていて、その周りにセラミックを焼き付けたメタルボンドというものを利用しています。


メタルボンドは見た目も綺麗で丈夫ということもあり一般的に歯科治療に使われていますが、やはり金属を使うこともあり金属アレルギーを持っている人にメタルボンドはお勧めできません。

金属アレルギーの人がメタルボンドを使う場合には通常使用しているニッケルやミロのような金属ではなく、アレルギーの人でも平気なように金やチタンと言った素材を使う必要がありますが、特に最近では金属相場の高騰で値段が高いために金やチタンを使ってしまうとオールセラミックの方が安いということにもなりかねません。

また一般的なメタルボンドで作った歯の相場は10万円ほどと言われていますが、土台に使う金属の種類屋その時の金属相場によって変動しますがやはり金やチタンを使うと何倍もの価格になってしまうので、実際にはあまり利用されません。
料金面や金属アレルギーへの対策も含めメタルボンドを使うのではなく、オールセラミックを使うというのが一つの選択になります。 

価格面ではやはりメタルボンドを使った方が安い値段で治療を行えるという点がありましたが、最近ではオールセラミックを使った治療をする人が増えてきたこともあり、オールセラミックで治療をする際の費用も以前に比べて下がったうえ特に大都市近郊の大阪や東京と言ったような場所を中心に、以前の料金に比べ格安の料金でオールセラミックによる治療を行う歯科医も増えて来ました。

このような変化をしっかりと見た上で、特に金属アレルギーのような体質の場合には歯科医としっかり相談したり上で使う金属の種類を決めたり、オールセラミックで治療をするなどの方法を検討することが大切です。

オールセラミックに関しては↓こちらの記事で詳しくかかれていたので、そちらが参考になると思います。

hokengainosashiba.seesaa.net

金属アレルギーでも使えるメタルボンドの相場は?

歯科治療をする際に一般的に差し歯や入れ歯をする際につか割れるセラミックですが、実際にはセラミックと呼ばれてはいても土台の部分はニッケルやミロと言ったような金属でできていて、その上にセラミックを焼き付けただけというメタルボンドというものを使っています。


このメタルボンドは金属アレルギーを抱えている人にとっては厄介なもので、金属を使っているとは知らずにメタルボンドを使ってしまうとアレルギー反応を起こしてしまう場合がありますし、口の中につけるものなので少しずつ溶け出す金属の成分により体調に異変を起こしてしまう場合もあります。

このような金属アレルギーを防ぐためには使用する金属を一般的に使われるニッケルやミロと言ったような金属から、金やチタンというようなアレルギーの心配のないものへ変える必要があります。メタルボンドの金属はその時の金属相場によって変わってきますが、特にアレルギーを考慮して高価な金やチタンを使う場合には、最終的な値段がやはり金相場などで反動がありますが、オールセラミックで治療をする方が安くなるという場合があります。
値段的にも安いのであればあえてメタルボンドを使う必要がなく、金属アレルギーや溶け出す金属の影響だけを考えてもメタルボンドを使う理由がなくなります。
実際に歯科医で診療方針を決定する際には歯科医と使う材料や治療方針を決めます

が、特に保険が使えない自由診療の場合使う材料によって費用も大きく変わるので注意が必要ですが、セラミックと言われ安心して自分に金属アレルギーがあることを伝えるのを忘れてしまわないようにしないといけません。
自分の状態や経済的なことを考慮して治療法を決めますが、特に金属アレルギーの人は見えない素材にも注意をする必要があります。

 

最近ではオールセラミックによる治療を行っている人も増え、特に大都市中心部などではオールセラミックを以前に比べて非常に安い値段で行うことができる歯科医もあるので、様々な面から検討をしてみることも大切です。

 

メタルボンドは金属アレルギーでも使える?

歯の治療をする際に被せ物や差し歯にはいろいろな材料が使われていますが、最近ではセラミックと呼ばれる歯が主流になりましたが、このセラミックも通常使われているのは金属の土台にセラミックを焼き付けたメタルボンドと言うものを使用しています。


これとは別にセラミックのみで作られているものをオールセラミックと呼んでいますが、専門家でもない限りその違いを知ることがあまりないために金属アレルギーの人などがメタルボンドを使用してしまうと、アレルギー症状が出る場合があります。
金属アレルギーの人がメタルボンドを使用する場合、通常使われているようなニッケルやミロと言ったような金属を使用している場合が多いのですが、金属アレルギーや金属より出る物質の体に与える影響を考えるのであれば、使用する金属は金やチタンなどを使用する必要があります。

しかしいくら金属アレルギーのためとはいえ、実際に金やチタンではを作るのでは価格も非常に高くなってしまいます。
それだけの価格でメタルボンドによる治療を行うのであれば、現実問題としてはメタルボンドで治療をするよりもオールセラミックではを作り治療した方が安くなってしまいます。
耐久性や長く使っても中の金属が見えることはありませんし、何と言っても金属が体に与える影響や金属アレルギーのことを考えるのなら、オールセラミックで治療をする方が良くなります。
どちらの場合でも治療をする際は健康保険を使う事ができないために、治療費はすべて自己負担になってしまいますが、高額医療控除等を上手に利用することで費用を安く抑えることも可能です。

最近では歯科医間の競争もあり、特に東京や大阪などの大都市周辺を中心に相場に比べて非常に価格の安いオールセラミック治療を行える歯科医も増えてきました。
選択着が増えてくるので、医師からの一方的な情報だけでなく様々な情報を入手した上で実際に治療する歯科医を決めることも大切です。

メタルボンドを使う?でも金属アレルギーでも大丈夫?

医者に行き悪い所を治療する際には基本的には医師の言う通りに治療を行うと言うのが日本では当たり前でしたが、最近では患者の意向を確認しながら治療を進める医師が増えています。


歯医者でも同じ状況ですが、特に被せ物をしたり差し歯を入れたりする際には使う材料の選択などを患者自身が行いますが、これは材料により保険が使えなと言ったような問題もあり、価格が違うといういことも関係してきます。
患者が材料を選ぶ際に気をつけなくてはいけないのは、金属アレルギーがある人の場合金属を使った義歯を使うことができませんが、歯科医よりセラミックと言われた場合には、中が金属で出来ていて表面にセラミックを焼き付けたメタルボンドと言うのが一般的です。

このメタルボンドは中に使われている金属の種類により料金が違ってきますが、安い価格の場合ミロやニッケルなどを使用しているので、金属アレルギーの人は勿論金属アレルギーによる体調の変化も見逃がすことの出来ない問題です。
金属アレルギーの人はセラミックということで安心してしまう人がいますが、オールセラミックとは違うので注意が必要です。

メタルボンドを使う治療は保険を適用することが出来ない為に治療費が高くなってしまいますが、使う金属の種類によっても値段が全く違うので金属アレルギーとともに健康への影響が気になる人には十分注意が必要になります。
メタルボンドを使った治療をする場合もちろん使用する金属を選ぶことができますが、金属アレルギーだけでなく金属による身体への影響を考えるのでしたらメタルボンドで使用する金属をゴールドかチタンなどにする必要がありますが、その場合価格がオールセラミックで行うより逆にたかくなってしょいまうことになってしまいます。

最近ではオールセラミックを使う歯科医も増えまたオールセラミックで制作される歯の質も向上し耐久性が高くなってきているので、メタルボンド以外の選択肢も増えてきました。

金属アレルギーやアトピーでもメタルボンドが使える?

アクセサリーなどをつけている際に使われる金属の種類によってはアレルギーを起こす人がいますし、アトピーなど肌が敏感な人にとっては同じように使うアクセサリーによってはやはり同じ症状が出る場合があります。


アクセサリーだけでなく虫歯などの治療の際に使われるセラミックと呼ばれる被せ物や差し歯には、実際にはニッケルやミロと言ったような金属でできていてその周りをセラミックで焼き付けたもの出できています。

金属アレルギーの人がセラミックという名前で惑わされ、知らないうちに金属を含むメタルボンドを使用してしまうことで金属アレルギーやアトピーの症状が出て悩んでいる人がいます。

メタルボンドに使われるニッケルやミロと言ったような金属ではなく、アレルギーの出にくい金やチタンと言った素材を使うことで金属アレルギーへの対処を行うことができますが、実際に金やチタンを使って歯を作ると非常に高いものになってしまい、オールセラミックを使った治療の方が結果的には安く済むということになってしまいます。

オールセラミックで治療をする場合にはもちろん金属を使用しないので、金属アレルギーの人や金属が溶けることで起こる可能性のある健康への問題を気にする事なく、安心して利用する事ができます。

特に最近ではオールセラミックを使った治療の費用が、多くの人が利用するということに伴い比較的短期間でしかも安く出来るようになり、特に大都市周辺では価格が非常に安く従来の半分程度の金額で治療を受けることが出来る歯科医も増えて来ました。

これによりメタルボンドを使うよりも金属アレルギーやアトピーへの心配がないオールセラミックを使った治療がふえていますが、やはりメタルボンドやオールセラミックは保険が使えない治療費自己負担ということもあり、まだまだ決して安い値段という金額ではありませんが、金属アレルギーで大変な思いをしなくて済む方法を選択する必要があります。

メタルボンドを使う人が金属アレルギーでも大丈夫?

従来より歯科治療の際に一般的に使われていたセラミックですが、このセラミックというのは実際には金属の土台の周りにセラミックを焼き付けたメタルボンドというものを指していますが、最近ここで使われる金属による金属アレルギーが問題になっています。


メタルボンドを使った治療をする場合、中に使われている金属はニッケルやミロと呼ばれる金属なのですが、この金属がアレルギーや溶け出しで少しずつ体に影響を及ぼすとされています。また最近では金属アレルギーと言ってもアトピーの症状が出てくる人がいるので、アトピーを持っている人もメタルボンドを使う際には十分注意が必要です。


しかし歯科医からセラミックと言われれば通常金属を使っているとは考えないのも普通ですが、しっかりと情報を入手して歯科医と相談をした上で治療を行う必要があります。
また金属アレルギーが出にくいメタルボンドにする場合ですが、通常使われているニッケルやミロなどの金属ではなく金やチタンと言ったようなアレルギーのでない金属を使うという方法もありますが、実際問題それらの金属を使ってメタルボンドを作る場合値段も非常に高くなってしまい、オールセラミックで歯を作成した方が値段も安く、金属アレルギーやアトピーの心配もないので安心です。

 

オールセラミックは値段が高いということで躊躇する人も多いのですが、金属アレルギーを抱えている人にとってはやはり金属を使った歯をいれることはできないので、メタルボンドを使い価格が高くなるようならオールセラミックの方がお得ですし、実際に治療をする際には高額医療費補助などの公的補助制度を活用すれば、実際に払った所得税より控除を受けることができるので、上手に活用し最適な治療方法を探すことが大切です。

また最近では多くの歯科医が自由診療の分野で料金を抑えて相場より格安な料金でオールセラミックによる治療を行っている歯科医も増えてきましたので、ネットなどを使い情報を集めてから視界に相談することも必要になります。